人体への影響

自動車が登場してから、人々の生活風景や移動距離に良い影響を与え続けています。一度に大量の荷物を運べ、全国各地を徒歩の何倍もの速度で移動できるからです。便利な半面、人体への影響が問題視されています。たとえば、排気ガスで呼吸器系の疾患が出る人は少なくありません。ガソリンエンジンで動く自動車からは、大量の排気ガスが放出されます。これを吸い込むと、その量に比例して呼吸器疾患に罹る確率が高まるというわけです。また、精神面にも影響を及ぼします。人間には適応能力があるものの、不快感を覚える音には過敏に反応します。自然界には存在しないエンジン音や、独特の走行音が気になって、精神面の不調を訴える人が存在します。対処方法は、カウンセリングや自動車の走行料が少ない土地に住むことです。体の内面だけでなく、皮膚に甚大な損傷を与える場合もあります。代表的なのは交通事故です。遅いとは言えない速度で自動車が人体に衝突すれば、その衝撃は凄まじく、凄惨な事故が発生することが考えられます。命を落とすことも、なきにしもあらずです。誰もが交通ルールを守っていれば、交通事故の発生率は低くなります。リスクも承知した上で、正しく自動車を扱うことが肝心です。