産業商品としてのポジション

戦後の日本は、各産業界が目覚ましい発展を遂げました。
とりわけ、製造業、中でも自動車産業が著しく進展を示し、いまや世界を股にかけて活躍する自動車会社が珍しくなくなってきています。
自動車産業というのは、関連産業の裾野が広いこともあって、経済波及の効果も大きいので、誰もが認める基幹産業に当たります。
まさに、自動車産業が日本経済をリードしていると言っても、決して過言ではありません。
現代日本においては、自動車は日本の産業商品とは必要欠くべからざる位置づけとなりました。
日本経済を根底から支えている産業として、自動車産業の存在は、国益そのものにもなってきています。
自動車業界の拡大発展によって、雇用をも作り出し、日本政府としてもサポートする方向性が打ち出されています。
研究熱心な日本人の国民性にも助けられて、ハイブリッドカーなどの燃費性能の良好な車を熱心に開発した実績もあり、グローバルな舞台での戦いにおいても、何ら遜色がありません。
また、省エネ効果の期待できる自動車の購入に際しては大幅な減税をしたり、公的にも自動車産業の推進が図られています。
今後も、自動車産業は、日本経済は力強く引っ張っていく役割を果たしていくことでしょう。