求められるものとは

昨今の一般消費者の購買動向で、大きく変わっているのが、若年層の自動車離れの潮流です。
とはいうものの、トータルで見た場合は、車の販売台数に著しい減少はありません。
売れている車は売れているのです。
新車登録台数として公式発表されているデータを見ると、上位を占めている車というのは、大半が低燃費を売りにしている車種なのです。
燃費の低さをアピールしている、ハイブリッドカーや軽自動車といった車種が、販売実績の上位を占めているのです。
いまの自動車に求められるものは、以前がそうであったように、スピードがどれだけ出るかではなく、どれだけ燃料の消費量が低く抑えられるかという点なのです。
燃費の良さというのは、すなわちランニングコストがかからないことに直結します。
車の利用者によっては、これは大きな負担減ではありませんか。
そういうことがあって、現在では、燃費の良い車種の販売実績が好調を保っているのです。
また、低燃費であればガソリンの使用量も少なくて済むので、環境負荷を減らすことができます。
自動車メーカーにとっては、環境への優しさを声高にアピールできます。
車が経済活動を行う上で果たす役割が大きいだけに、低燃費車種が市場に提供されていることは好ましい限りです。