共有としての車の歴史

車の共有の歴史は、古くから存在をしていました。これは、コストを軽減させる目的があります。1831年に、蒸気式の自動車を共同で使用することがはじまりました。これが乗り合いバスの原点でもあります。タクシーが誕生したのは1897年のことでした。このタクシーにはメーターが設置をされていました。アメリカでのレンタカーの始まりは、1916年からでした。レンタカーは有料で車を貸し出すシステムです。車にメーターを取り付けて貸し出しを行いました。日本では、レンタカー事業は1949年からはじまりました。当時はあまり利用がされませんでしたが、その後大手メーカーがレンタカー事業に参入し変化をしました。近年は、高級車のレンタカーも注目されています。しかし、一般に普及しているのは格安のレンタカーです。カーシェアリングも1970年代からはじまりました。これは、会員の間で車を共に使用するシステムのことです。この発祥はヨーロッパです。そして、アメリカや日本にも伝わりました。レンタカーと異なる点は、登録をしてある人のみが使用をできるという点です。そして、短時間の車の利用ができるのです。車を所有しないで、好きな車に乗ることも可能なのです。