車と社会の関係性

日本は自動車先進国であり、車が社会に与える影響がどれだけ大きいかを説明します。
クルマを生産する企業は現在日本に13社(普通車・大型車のみで特殊車や二輪を除く)ほどあり、それらの企業には下請け企業があり、下請け企業は製造組み立てを行うメーカーの直接下請けとなる、一時下請けに、下請け企業である部品製造に必要な材料や素材を供給する2次下請けに、またその2次下請けから下にも3次下請けがあり、2次下請けを単に下請けと言い、3次下請けを孫請けと呼び、その下請けとなれば曾孫請けと呼ぶこともあり、2次下請けが部品箇所により数社から数十社存在し、3次下請けを数十社から数百社になると言われ、日本全体で数千から数万社もの下請け企業が存在する巨大ビジネスが車の製造に関わります。
部品のみではなく、塗料メーカーも下請け企業の中に入り、国の検査機関や地方自治体の検査機関、損害保険会社、石油関連卸元、ガソリンスタンドなど、次々と車に関わる企業を探すと国内の50%以上が車に関わり合いを持つ企業であると言われています。
また、多くの企業に銀行からの融資や取引が発生し、日本の社会が車の製造によって支えられていることがここから分かり、業界の発展が日本の発展のキーワードとなっているのです。