車の歴史

日本の自動車の開発の歴史は欧米に比べて浅く、1904年に製造された蒸気自動車が第一号と言われており、その3年後の1907年に国内初のガソリン車が製造されました。
1932年になって国産車開発が本格的に進むまで、米国の大手2社による、他国や海外企業から調達する主要部品を輸入して国内で組み立てるノックダウン生産が行なわれており、第二次世界大戦前後まで、米国主導にて自動車製造が行なわれました。
元々、自動車開発が軍事目的や富裕層及び政府高官の利用が目的として生産された経緯があり、戦後しばらくして敗戦後の日本で経済発展を遂げるアクセスとして、日本国民の所得を上げ、国内で一般大衆向けに自動車を拡散するために、米国とは異なる観点で、自動車製造が進み、小型で燃費の良い車を製造することに注目し続けました。
当初、米国の大型車に比べ、パワーの低い小排気量の国産車は米国で非常に評価が低く、耐久性能も低いものでした。
自動車製造過程において、開発コストの壁が大きく、日本での車の製造に限界があるとも言われ、しかしながら第二次世界大戦以降燃料調達に苦労した日本では、常に燃費に注目した自動車製造に真摯に取り組み、現在、世界シェア首位となるまで常に燃費に注目してきた歴史があり、今後発展してくるであろう新興国の巨大市場に世界のどの国よりも評価を受ける自動車製造国となったのです。