個人所有としての車歴史

車の個人所有の歴史は、蒸気自動車からはじまります。1769年に製作されました。ガソリン自動車が開発をされたのは、1870年のことでした。初期の頃の車は、手作りで作られていました。そして、当時としてはとても高価なものだったのです。そのために、車を所有できるのは富裕層に限られていました。その後、1908年にアメリカで大量生産の方式ができました。これによって、車の価格は初期のものより低くなりました。このために、大衆が所有をすることができるようになったのです。これは、自動車の産業に大きく貢献することになります。また、1910年代から1920年代ごろには、小型の車が普及をしていきました。この頃に電気を用いた車の開発もされました。これは、バスに採用されることになりました。自家用車が普及をして、車が需要が高くなりました。このことは、個人の行動の範囲を広げることになりました。そして、利用者に自由をもたらしたのでした。大量生産が可能になったために、車を個人で所有することが大変流行をしたのです。日本では、1970年代に、個人で車を所有する人が急増しました。これは、マイカーブームと呼ばれていました。マイカーは和製英語です。