交通問題

人間社会の利便性を促進してくれる自動車は、交通問題が解決するべき課題です。車社会と例えられる現代では、一家に一台は自家用車があると言われます。その何割かが同時刻に動き出すと道路が混雑してしまうのは、言わずもがなです。増えすぎた車両台数を抑制する案は、今のところありません。現状の対策は、渋滞を緩和する道路環境の整備です。新たな生命が毎年産まれるように、新車もまた増え続けています。革新的な道路を作っても数年後には再び渋滞が頻発することもしばしばなので、環境を整備しても焼け石に水であると考えられます。渋滞意外にも、人々の生活を脅かす騒音問題があることは事実です。大小の違いはありますが、走行音を完全に消し去る自動車は存在しません。自動車が走るためにはエンジンなどの動力部品、そして地面に触れているタイヤが転がるからです。マフラーから出される騒音も深刻で、故意的に爆音を響かせる改造を施す人も存在します。騒音規制を強化しても、先で説明したように自動車は機械です。走行音を完全に消し去ることは、難しいのが現状です。少しでも騒音を抑制したいのであれば、静音性に優れたマフラーの取り付けをするのは効果的です。