環境問題

自動車製造の発展と共に大気汚染が問題化し、車の排気ガスやエアコンの外気やフロンガスの使用により地球を温暖化に進める温室効果ガスを発生させることをストップするため、日本では様々な工夫が自動車製造業において開発が進められます。
これは、自動車製造世界シェア首位である日本が、環境問題を深刻に考える側面から進められる努力であり、使命とも言われています。
しかしながら、ここには矛盾点が多く存在し、国内の自動車台数に比べて、海外向けの自動車生産台数が多く、海外向け輸出用の自動車では、国内で人気のハイブリッドカーやEV車が以外にも人気が低く、そこには海外の道路及びインフラ状況や燃料コストの違いが大きな問題として存在します。
アメリカやイギリスなどの先進国では、燃料コストが日本よりも低く、自動車に求める条件がパワーや大きさにウエイトを置き、後進国では、自動車の価格に大きなウエイトを置きます。
ハイブリッドカーなどのハイテク車の場合、車両価格が高く、経済状態が日本よりも低い国では、高くて万民には行き届かず、中古ガソリン車やディーゼル車が需要が高く、修繕能力も高くはありません。
先進国では、国産車に比べてパワーの大きな大排気量の車両が好ましく、燃料コストが安ければ燃費の問題を日本以上に意識する必要が無いため、国土の狭い日本国内でのみ環境改善テクノロジ-が進歩したとしても地球全体の環境を改善することとはならず、日本国民のみにその負担が掛かるというねじれが生じています。