*

自動車を所有すると維持費が掛かります。
日本で、車が普及した背景に日本経済を高める目論見があり、戦後まだ車が一般に普及していなかった当時、これを大衆に広げることで、税金が効率的に回収でき、その税金によりインフラ整備なども充実させ、日本人の生活の質の向上を図ることが目的でした。
車にかかわる税は非常に多く、走行に必要な燃料にも税が掛かり、また、伸び行く製造業で働く社員の収入ともなり、収入を得た人からの所得税や住民税などの徴収も行われます。
このように車に関する税は直接的な税と間接的な税があり、効率的な税徴収となります。
車にかかわる税が多いことから、ユーザー負担が大きいと考えられますが、日本の車メーカーが最新のテクノロジーを駆使し、乗る人を魅了するスタイリングや機能が所有者に優越感を与えます。
維持費の高い車であれば、納税に貢献し、社会インフラの整備にも税金が使われるため、大きく社会に貢献していることとなります。
日本の車が売れることは、日本経済を豊かにします。
近年になって、燃費水準の高い車が減税が行われることがあり、これが日常の負担を軽減させ、それにより買い替えを考える人も多く、経済効果を上げるものとなっています。